Scroll

ゴルフ初心者からプロゴルファーまで、認知科学で楽しく上達!
ゴルロボジムでゴルフの全てを小脳に定着させる!
従来の常識で、大脳に言葉で覚えさせたスイングでは、
実際にボールを打つことが出来ない!!!!
小脳に覚えさせたスイングは、高い精度で狙った所へ、
さらに再現性高く打てる!!
「アプローチは、野球のキャッチボールに相当!」
アプローチでボールを自在に操る技術を習得!
「パットはセンスと諦めることなかれ!」
パットのセンスは「認知心理学;小脳学習練習法」で覚醒する。

ゴルロボと科学的パット練習グリーンで楽しく小脳トレーニング!

自社開発による世界唯一の「ゴルフ運動治療ロボット」Dr.ゴルロボ。ロボット工学エンジニアである弊社代表が、小脳にゴルフ運動をインプットさせる認知心理学「フィードバック誤差学習法」を研究し、解剖学的に運動を分析し、正しいゴルフクラブの動かし方を小脳に矯正させるロボットを開発しました。このロボットを活用して、スイング動作を治療的に鍛錬し短期間で小脳にインプットさせます。ゴルフ練習場でボールを打ちながらの練習より遥かに、短期間で効率的にゴルフを上達させられます。ゴルフ初心者からプロゴルファーまで、ゴルフのスキルを1ランクも2ランクも向上させたいとお考えの方は、大阪市中央区のゴルフレッスン・ゴルフ練習場「星谷ゴルフメソッド研究所」までご連絡ください。期待以上の成果をお出しします!!

こんなゴルファーに有効

・ゴルフをこれから始めたい方や上達出来ず、挫折した方、運動神経に自信の無い方
・上手くいくゴルフの法則を知りたい方
・パットが入らず、距離感や方向性が悪い、ラインが読めないと悩む方
・アプローチが下手で、グリーン周りで行ったり来たりと悩む方

大阪市中央区のゴルフレッスン・ゴルフ練習場「星谷ゴルフメソッド研究所」へお越しください。

こんなゴルファーに有効
「ゴルロボ」で誰でも短期間で正しいクラブ振り方をマスター!<br />60%の力感で打てる術をレクチャー、安定して飛距離もスコアも向上する!<br />「科学的パット練習グリーン」<br />

「ゴルロボ」で誰でも短期間で正しいクラブ振り方をマスター!
60%の力感で打てる術をレクチャー、安定して飛距離もスコアも向上する!
「科学的パット練習グリーン」

①ゴルフロボットで、正しく優しくボールを打つために必要な
 フェースターンインパクト・ボディターンインパクト・オンプレーン軌道での
 正しいクラブしい動かし方(扱い方)に矯正!
②アプローチ人工芝傾斜台を使ったアプローチ実技レクチャー!どんなライからでも精度が向上!
③ゴルフダイジェストでおなじみ「振り子の教室」星谷先生のが「科学的パット練習グリーン」で
パット小脳学習装置を使ったパット技術向上!パットの方向性・距離感が向上し、ラインが読める!

代表の想い

代表の想い

ゴルフの心得として、正しく・楽しく・自分に厳しく・同伴プレーヤーに気配りを!という教えがあります。
ゴルフは人間性の成長無くして上達無というのは、この心得を知ると良く解ると思います。
「正しく・楽しく・自分に厳しく・人に優しくできる人。」
『生涯スポーツゴルフ』を通じて、「思いやり」「礼儀」「マナー」を身に着けていただき、社会に貢献したいと考えています。
またこれからの、日本の最大の課題である少子高齢化を少しでも食い止めるためには、経済の活性化が不可欠です。日本経済構造の主役となる第3次産(サービス業・IT産業・レジャー・イベント・観光)を、さらにゴルファーを人口の拡大によるゴルフ産業の発展によって経済を活性化させ「自然と触れ合い、生涯を豊かに楽しめる日本の未来」に多くの若者に「礼儀と秩序」を大切に「正しく・楽しく・自分に厳しく・人に優しく」できる大人になって、ゴルフを好きなって、家族でゴルフを楽しむ家庭を築き上げて欲しい。「人生100年健康長寿社会に大きく貢献する」と思っております。

自社開発!ゴルフロボット

開発の経緯と想い
ロボット工学者のエンジニアとして、代表が39歳のときにのめり込んだゴルフ。
しかし、ゴルフは他のスポーツと違い、サッカーで言うリフティングなどの基礎トレーニングを行わずに、いきなりボールを打ちます。
それでは上達は図れません。
しかし、どのようなトレーニングを積めばゴルフが上達するのか。

それを、認知心理学、解剖学、ロボット工学からの観点で、エンジニアとしての経験と知識をフル活用し、ゴルフの上達の要素を発見。
そして、自社で短時間でゴルフが上達できる「ゴルフアルゴリズムロボット」を開発しました。
上手にショットやパッドができるようになり、ゴルフの楽しみを味わう。そのことによって、日本のゴルフ人口が増え、「障害のスポーツ『ゴルフ』」を通じて、「思いやり」「礼儀」「マナー」を身に着けていただき、社会に貢献したいと考えています。

それが帰納的に「少子高齢化という現代社会に大きく貢献する」と思っております。


こんなゴルファーに有効
・ゴルフをこれから始めようと思っている方や運動神経に自信の無い方
・思ったようにショットができずに、ダフリやトップ、思わぬ方向へのミスに悩む方
・さらに飛距離をのばしたい、方向性を良くしたいなどのハイレベルのゴルファー


言葉でレクチャーするのは難しい、上手くボールを打つ3つの要素をゴルロボで小脳に叩き込む
①フェースターンロボ;インパクト前後の左腕の内旋・外旋と右手首の撓屈・尺屈
②ボディターンロボ;インパクトエネルギーを最大化するボディターン 右足の蹴りと骨盤左旋回
③オンプレーンロボ;テイクバックでの左腕の内旋と屈曲、トップ切返しダウン動作で左腕の外旋と伸展

お知らせ

news

2021/03/04

無料体験実施中

無料体験実施中

2020/11/01

ゴルフロボットジムオープンのお知らせ

ゴルフロボットジムオープンのお知らせ

自社開発!ゴルフロボット

about

開発の経緯と想い
ロボット工学者のエンジニアとして、代表が39歳のときにのめり込んだゴルフ。
しかし、ゴルフは他のスポーツと違い、サッカーで言うリフティングなどの基礎トレーニングを行わずに、いきなりボールを打ちます。
それでは上達は図れない。
しかし、どのようなトレーニングを積めばゴルフが上達するのか。

それを、認知心理学、解剖学、ロボット工学からの観点で、エンジニアとしての経験と知識をフル活用し、ゴルフの上達の要素を発見。
そして、自社で短時間でゴルフが上達出来る「ゴルフアルゴリズムロボット」を開発しました。
上手にショットやパッドができるようになり、ゴルフの楽しみを味わう。そのことによって、日本のゴルフ人口が増え、「障害のスポーツ『ゴルフ』」を通じて、「思いやり」「礼儀」「マナー」を身に着けていただき、社会に貢献したいと考えています。

それが帰納的に「少子高齢化という現代社会に大きく貢献する」と思っております。
こんなゴルファーに有効
・ゴルフをこれから始めようと思っている方や運動神経に自信の無い方
・思ったようにショットができずに、ダフリやトップ、思わぬ方向へのミスに悩む方
・さらに飛距離をのばしたい、方向性を良くしたいなどのハイレベルのゴルファー
言葉で教えられない上手くボールを打つ3つの要素をゴルロボで小脳に叩き込む
①フェースターンロボ;インパクト前後の左腕の内旋・外旋と右手首の撓屈・尺屈
②ボディターンロボ;インパクトエネルギーを最大化するボディターン 右足の蹴りと骨盤左旋回
③オンプレーンロボ;テイクバックでの左腕の内旋と屈曲、トップ切返しダウン動作で左腕の外旋と伸展