自社開発!ゴルフロボット

about

ゴルフ小脳トレーニングロボットでボールの打ち方「ショット基本動作」を習得!
ゴルフ小脳トレーニングロボットでボールの打ち方「ショット基本動作」を習得!
医学的・理工学的なゴルフメソッドを研究開発!!
1.認知心理学;ゴルフ運動小脳学習トレーニング
2.解剖学;正しい解剖学的運動によるクラブコントロール動作矯正トレーニング
3.理工学;ショット基本動作リハビリロボットトレーニング
4.経営学;ビジネスマネージメント法則によるスコア上達メソッド

<ゴルフ上達のための「人間力向上」4大要素>
Ⅰ狙ったところにボールをコントロール出来るようになる
Ⅱコース設計家の意図を知り、「コース攻略メソッド」で易しくコースを攻略
Ⅲスコア計画法を学び、易しいスコアメイク計画でスコアを向上
Ⅳ目標達成マーネージメント法による、スコア目標達成率を向上して人間力を向上
開発の経緯と想い
ロボット工学者のエンジニアとして、代表が39歳で
のめり込んだゴルフ。
ゴルフは他のスポーツと違い、基礎トレーニングを
行わずに、練習場でいきなりボールを打ちます。
それでは上達するわけがありません。
どうしたらゴルフが上達するのか?

認知心理学、解剖学、経営管理学の観点で、
ゴルフの上達の要素を発見。
そして、ロボット工学者の経験を活かし
「ゴルフ小脳トレーニングロボット」を
開発しました。
小脳トレーニンブロボットの効果
・のび悩んでいる人、初級者、初心者の上達促進
・良いスイングが出来れば上手くボールが打てると
 カン違いしている人
・正しい打ち方が出来ずダフリやトップ、思わぬ方向へ
 のミスに悩む方
・さらにショット技術を磨いてランクUPを目指す
 ハイレベルのゴルファー
言葉で教えられない上手くボールを打つ3つの要素をゴルロボで小脳に叩き込む
①フェースターンロボ;インパクト前後の左腕の内旋・外旋と右手首の撓屈・尺屈
②ボディターンロボ;インパクトエネルギーを最大化するボディターン 右足の蹴りと骨盤左旋回
③オンプレーンロボ;テイクバックでの左腕の内旋と屈曲、トップ切返しダウン動作で左腕の外旋と伸展
「ゴルフアルゴリズムロボット」で限界を超える!
①ゴルフロボットで、飛んで曲がらないスイングに矯正!ショットが安定!
②アプローチ人工芝傾斜台を使ったアプローチ実技指導!どんなライからでも精度が向上!
③パット小脳学習装置を使った小脳学習練習!パットが方向性・距離感が向上し、よく入る!